INFORMATION

【車をぶつけました(T_T)】

ファスティングを通して、

人の体、頭、心に刺さった

釘を抜く、釘ヌッキーです。

 

 

車をぶつけてしました。

 

 

ボーっとしていたのか、

駐車してあった止まっている車に

自分の車を擦ってしまいました。

 

 

自分の車を駐車しようと思って

バックしていたときでした。

 

 

 

100%、釘ヌッキーが悪いです。

 

 

相手の車は誰も乗っていないので、

すぐに警察に電話して、

ぶつけたことを報告しました。

 

 

 

すぐに警察が来て、状況を

聞かれました。

 

 

車の出入りの激しい

駐車場だったので、

周りからジロジロ見られて

ほんとに恥ずかしい。

 

 

 

なんせ、誰も乗っていない

止まっている車にぶつけてしまったので。

 

 

 

しかも、ぶつけた車はピカピカ

だったので、本当に申し訳なく思いました。

 

 

相手の車の持ち主が来られるまで

ずっと待っていました。

 

 

車の持ち主が分かり、

全力で謝罪しました。

 

 

 

100%釘ヌッキーが悪いので。

 

 

 

相手の大事にしている車を

傷つけただけでなく、相手の

貴重な時間も奪ってしまいました。

 

 

間違いなく、相手はの気持ちは

ブルーになったと思います。

 

 

 

 

人に喜んでもらうことを目指して

いるのに、大きなショックと

悲しみを与えてしまいました。

 

 

 

本当に大反省の1日でした。

 

 

 

 

 

KUGINUKI FASTING DETOX 公式サイト

http://kuginuki-fasting.com

 

LINE @

https://line.me/R/ti/p/%40bud2251c

 

#ファスティング

#デトックス

#断食

#ダイエット

#減量

#KUGINUKI プログラム成功

【何のために・・・・】

ファスティングを通して、

人の体、頭、心に刺さった

釘を抜く、釘ヌッキーです。

 

 

連日、日体大のアメフト部の

悪質タックルのニュースが

報道されています。

 

 

監督、コーチが全く選手を

守ろうとしない様子に驚きます。

 

 

守るどころか、選手の解釈が

悪かったような言い方をしており

選手のせいにしています。

 

 

自分の立場、地位を

守ろうと必死になっているのが

伝わっていきます。

 

 

 

何のためにアメフト部を

指導していたのか、その根本から

ズレているように思います。

 

 

どんな人も間違いは起こすし、

ミスもします。

 

 

しかし、その間違いやミスが

起こったときに本質が

見えるような気がします。

 

 

 

有名人でも優良企業でも

大きな失敗や間違い、

トラブルは起こります。

 

 

しかし、その後の対応によって、

天と地ほどの差が生まれていきます。

 

 

 

事故やトラブルから人気やブランドが

上がっていくケースもあれば、

二度と表舞台に出られなくなる

ケースもあります。

 

 

 

その差は、人や企業の根本にある

人間性や企業理念

 

「何のために」という思いの

違いから生まれてくるのだと思います。

 

 

 

改めて、自分は何のために

ファスティングを伝えているのか

考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KUGINUKI FASTING DETOX 公式サイト

http://kuginuki-fasting.com

 

LINE @

https://line.me/R/ti/p/%40bud2251c

 

#ファスティング

#デトックス

#断食

#ダイエット

#減量

#KUGINUKI プログラム成功

#KUGINUKI FASTING DETOX

 

 

【挑戦し続けた男!!】

ファスティングを通して、

人の体、頭、心に刺さった

釘を抜く、釘ヌッキーです。

 

 

登山家の栗城史多さんが

エベレストで亡くなった。

 

 

35才。

 

 

釘ヌッキーも学生時代に

栗城さんの本を読み勇気をもらった1人。

 

 

 

2012年のエベレスト挑戦のときに

凍傷で指を9本失っている。

 

 

 

肉体的ハンディを抱えているのに、

今回8度目のエベレスト挑戦。

 

 

 

冒険の共有を目指して、

ネット中継する予定だった。

 

 

 

本当に残念。

 

 

栗城さんは17才で母親を亡くている。

 

命には限りがある。

一生懸命いきなければいけない

とその時に感じたそうです。

 

 

大学3年のときに、北米最高峰の

マッキンリー(6,194m)に挑戦し、成功!!

 

 

マッキンリーに挑戦する時、

「できない。辞めたほうがいい」

 

と周囲から言われたそうです。

 

栗城さんは語っていました。

 

 

山登りを通して、

否定という壁を少しでも無くすこと。

 

 

支えてくれている人がいるから挑戦できる

 

見えない壁を登っている人の支えになりたい

 

 

 

お父様は息子さんをインタビューで

笑顔でこのように答えていました。

 

 

自分の好きなエベレストで消えた。

有難うございます。

皆さんに助けてもらって、

バカ野郎とは言えない。

よく今まで頑張ったと思う

 

 

 

いろいろ考えされられました。

 

 

 

KUGINUKI FASTING DETOX 公式サイト

http://kuginuki-fasting.com

 

LINE @

https://line.me/R/ti/p/%40bud2251c

 

#ファスティング

#デトックス

#断食

#ダイエット

#減量

#KUGINUKI プログラム成功

#KUGINUKI FASTING DETOX